相続対策のために保険を活用しながら相続時の負担を軽減できる節税対策をお考えの方も多いでしょう。生前贈与といって亡くなる前に財産を手渡すことを行っている方もいますが、無駄使いやお金を無くす心配があるなど何かと問題が生じることが多いようです。将来きちんとお金を残すために生命保険信託を活用する方法があります。この新型生命保険信託とは一体どのようなシステムになっているのでしょうか。ここでは、生命保険信託の利用ケースや主旨などを含め詳しくご紹介していきます。

生命保険信託の仕組みについて

生命保険信託とは、生命保険契約者が信託銀行に保険金の管理を委託し、契約者が希望した通りに保険金を受け取らせるためのシステムです。一般的には保険金の受取人は家族にするのですが、生命保険信託を活用すると家族以外の人に保険金を受け取らせることも可能になります。また、保険金の用途は契約者が指示したことに使うよう随時チェックしてくれる方法もあるため、より契約者の希望に沿った相続ができるでしょう。

生命保険との違いは何か?

通常の生命保険は保険金の受取人を夫婦であれば夫や妻、もしくは子供に指定しますが、生命保険信託は、家族意外の特定の人を受取人にすることができます。相続対策においても生命保険はよく活用されているのですが、親族以外の法人や個人までは指定できません。生命保険は保険金の受取人を子供に指定していた場合、亡くなった後はもちろん子供が保険金を受け取る形になるのですが、お金の管理が難しいこともあります。その場合、身内や親族など誰かが代わりに管理を行う必要が出てきます。そのため契約者は、自分の子供にきちんと保険金が使われているかどうか不安に思うことでしょう。しかし、お金の用途が具体的に決まっていれば、信託銀行が代行して財産管理を行ってくれます。

生命保険信託はどのような方のために提供されているのか

上記でも軽く触れていますが、生命保険信託を利用する方は希望やお悩みをお持ちの方が多いです。具体的なケースは下記になります。

  • まだ幼い子供の教育費や入学金などを必要な時期に引き払いたい
  • 障がいを持っているので財産管理ができず、親族などに保険金を管理しながら生活費や療養費の支払いを行ってほしい
  • 保険金を信頼できる人に支払いたいので、当人と協議しながら親族のために財産を交付してほしい
  • 社会貢献に役立ててほしいので、分割しながら自分が希望する学校法人や公益団体に寄付してほしい

このような要望を持っている方のためにも、生命保険信託は様々な利用ケースに応じてサポートしています。認知症や離婚、子供のいない家庭が今後日本では増えていく可能性もあり、障がい者だけでなく引きこもりやニート、高齢化など社会的に弱い立場の方が安心して生活していくための相続方法が必要になってくるのです。生命保険信託の有効な機能を働かせることで、このようなお悩みを持った方たちの強い味方となるでしょう。

また、保険金を支払った後も引き続き契約者からの指定された要望について意図した通りに対応していくこともあります。きちんと受取人が指定されたことに対して保険金を使っているか、受取人が未成年であれば成人するまでの間保険金をしっかり管理しておくなどのサポートです。信託銀行と生命保険が連携することで、保険金の財産管理や処分もより希望通りに行うことができるようになっています。

生命保険信託で注意すべき点

生命保険信託を活用すると誰に、いつ、どんな形で保険金を渡すのか細かく指定することができます。自分のニーズに合わせて要望通りにできるというものが最大の特徴なのですが、その分保険料以外にコストがかかってしまうことは注意すべき点です。信託契約時や、契約手数料、運用を開始した時や定例管理のための費用も考えなくてはいけません。自分が生きている間の信託契約は必要ないため、子供が成人するまでなど期限をあらかじめ決めてコストを下げる工夫はできます。しかし、生命保険にまだ信託できる取扱い先も少ないことも不安な要素の一つといえるでしょう。

生命保険信託は、コストが見合っているかどうかも重要になってきます。将来的に相続税改正や再婚率も増えていくことも珍しくないでしょう。相続そのものについての考え方も変わってくることが予想されるため、保険金を遺すために「相続」は無視することはできないのです。

実際自分にはまだ相続や生命保険信託は関係ないものだと思っている方も多いでしょう。亡くなった後のことを気にせずに対策を取らない方もたくさんいます。しかし、相続に関しては今後相続税などのことを含め、色々と変化していくことが予想されるため、生命保険信託は一般の方により一層理解してもらうために使いやすい制度になることを期待されているのです。遺言書作成や財産管理においては成年後見制度を選択することもできます。このように色々な方法を検討していくなかで生命保険信託を選択肢の一つとして取り入れても良いでしょう。相続とは自然に起こってしまう現象であり、誰もが一生のうちに最低でも一回は経験するものです。いざという時に困らないためにも正しい知識を習得し、前もって考えておく必要があります。